パラカ Paraca 新卒採用

introduce

仕事・仲間

西野 可奈子

西野 可奈子

営業部 大阪支店1課 課長代理 2013年入社(立命館大学卒)
趣味・特技:ジャズトランペット、インテリアショップ巡り、旅行

リスクを取って、リターンを得る

コインパーキングの新規開拓、その後の運営が私の仕事です。街に出て自ら土地を開拓、マーケティングを行い、オーナー様へ土地活用の提案を行います。受注をして終わりではなく、自分で開発した駐車場はその後の運営も担当します。売上や稼働データ分析を行い、赤字改善や売上アップの策を講じるのも、一貫して一人の営業担当が行います。そのため、駐車場に関する知識はもちろん、不動産全般、金融、投資の考え方など、多様な知識が必要です。逆に捉えれば、仕事を通して多様なジャンルを学ぶことができる場でもあります。商品を売るという営業ではなく、投資をする為、リスクを伴う判断が必要となりますが「リスクを取らなければ成長はない」というのがパラカの考え方です。

自分の行動で人の心が動き、それが結果に結びつく

土地を扱う仕事をする特性上、同じ土地は他に一つとしてありませんし、その土地で運営するためのチャンスは、駐車場以外の会社を含む競合他社がいる中で、1社にしか与えられません。スピードが勝負になることもあれば、担当者を気に入っていただき、契約に至ることもあります。どのようなケースであっても、自分の動き方が結果に大きな影響を与えます。どのような交渉で相手が動くのか。ベストな結果を出すために自分ができる行動は何なのか。そのようなことを考えながら、戦略を立てて動くのは、私にとって大変面白みがありますし、多様な視点が身につくのではないかと考えています。自分の行動や交渉によって、最終的に良い結果に結びついた時の喜びには、感動があり、達成感があります。私がこの仕事が大好きだと思う瞬間です。

ゼロから最後まで自分でできる

自分の頭で考えて、ゼロから最後まで自分が責任を持って仕事が出来るところに惹かれ、パラカを選びました。業務の一部を担当するといった仕事ではなく、何もないところから、駐車場「経営」を行うまでを営業担当が行います。先輩方からたくさんアドバイスを頂きながら仕事を行いますが、自分のやり方次第で結果は良い方にも悪い方にも転びます。特に、営業として何を根拠にどう考えるかを問われることが多く、自分の考えを日々求められます。その分責任も伴いますが、自分の頭で考えて仕事をすることは、やりがいもありますし、自分の成長にも直結すると考えています。「主体的な働き方をしたい」「自分の考えをカタチにできる場で働きたい」と感じていた私にとっては、とてもいい場所だと思います。