Cバランス ~C(炭素)の排出と吸収のバランス~

Cバランス ~C(炭素)の排出と吸収のバランス~

達成状況

000

104

%

パラカは2021年9月期の

CO2排出量 ゼロ

達成しました!

 当社では、単なるCO2排出量の削減ではなく、排出量に見合ったCO2吸収量を確保し、排出と吸収のバランスを保つことが重要であると考えております。なぜなら、既に既存駐車場・オフィスにおける節電を実施済みである現状において、排出量を削減するということは、すなわち事業規模の縮小を意味し、社会全体で見れば経済規模の縮小を目指すことを意味しているからです。これでは、持続可能性の高い、豊かな社会を次の世代に引き継いでいくというESGの考え方とはかけ離れた未来になってしまうと考えております。

 当社では、事業拡大に伴い増加するCO2排出量に対し、山林の取得、植樹等によってCO2吸収量を増加させ、排出量以上の吸収量を確保することを目標としております。その達成状況については、毎期「C(炭素)バランス」という指標を作成し、開示することとしております。

CBS カーボン・バランスシート(炭素貸借対照表)

CBS 算出方法について

  • 電力使用量 及び 太陽光発電所の発電量は、2020年10月~2021年9月の実績を集計したものです。
  • 山林のCO2吸収量については、林野庁 及び 国立研究開発法人 森林研究・整備機構 森林総合研究所が公表している計算式を用いて算出しております。